あーりーすー!

100417_143332.jpg
今からでも
みれるかなぁ?
| MOVIE | 14:34 | comments(2) | - | - |

天使と悪魔!

Image133.jpg
ワックワクした!!

やっぱり小説でも読みたい!!
時間作ろう!

もーちょい心も体も余裕もてるようにしよう!

| MOVIE | 19:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

「ゴシカ」見た

4日の夜中にやっててちょっと見たんだけど、あの位のスリリングさは好きみたい!
次の日早番だったから、途中から録画しておいて夜中に見た。

精神的スリリングというか、ホラーとは違うあの感じは結構好きなんだって気づいた。

ペネロペ、最初全然分からなかったよ…。
| MOVIE | 01:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

「ダ・ヴィンチ・コード」観たょ!

昨日、結局帰宅してから日記書くの忘れた;

まぁ、個人的には興味ある題材だったので、
ずっと楽しみにしててねー。
5月のシフト見て、「絶対31日に見に行く!」と決めていたのです。

だって、レディースディだから(笑)

もちろん映画館は、女性率高かった。
あたしが行ったとこは、12シアターのうち3館で上映してて、
約30分ごとに上映時間がくるっていう素敵な状態でした。

危険注意危険
これから、観よう or 読もう と思ってる人。
こっから先はネタバレますよー!!
続きを読む >>
| MOVIE | 22:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

ヤマカシ

ヤマカシ

「ヤマカシ」を観ますた。

先月あたりにレンタル屋さんで見つけて、
狙っていたのですが、時間がなくて…。
やっと借りたら、卒制卒制で観る時間なくて
返す日にちが迫ってるので、明日も学校なのに夜中に鑑賞。

→→以下、ネタバレあり→→
続きを読む >>
| MOVIE | 23:56 | comments(0) | trackbacks(1) | - |

ビデオレビュー弐「ロッカーズ」

二作目は「ロッカーズです。

陣内孝則がThe ROCKERS時代を基にしている話なんですが、
これもまた、友情がテーマというね。
あたしゃーどんだけ青春友情モノ好きなんだっつー話ですが(笑)

これ、結構気になってたんだけど、
「ピカ☆ンチ」の後に見たの、失敗でした(爆)
あたし的には、ピカンチの方が勝ってしまいましたよ。

や、ロッカーズだけあって、
バンド主体で話が進む訳ですが、
途中で演奏されてる曲は、かっこよくて好きなのよ。
ただねー…
最後が、予想できてしまったのですな。

あの話って、全部本当なのかね?
(あ、ネタバレしますよー↓)

だとしたら、ちょっと出来過ぎてる様な気分になるね。
だって、ロッカーズ再結成決定!
ってみんなの所へ向かう時に、
今まで大事にしてたお守りを落として
バイク事故で死んでしまうんですもの。

だろうな〜って思ってたら、
お葬式して終わってしまいました。ハラリ。

一時理由あってクビにしたメンバーを
オーディションで迎える時は、ちょっとジーンときたけど。
かいつまんで話しすぎやな、あたし(爆)

とりあえず、「ピカ☆ンチ」もっかい見ときました(笑)
そんで、雨の中返却ですよ。
だって、明日の朝起きれそうにないんだもの!(知るか!)

あー「下妻物語」見たい。
| MOVIE | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

ビデオレビュー壱「ピカ☆ンチ」

はい。日記サボりすぎー。
ちょっとネット気分じゃなくてですね…。

とりあえず、TVと新聞とCDで生活してました。
あ、あとビデオ。


「ピカ☆ンチ LIFE IS HARD だけど HAPPY」
を見たのですが、
か、感動いたしました(ホロリ)

なんでしょうね。
みんな一癖も二癖もある役柄で、
みんなうまく演じているなぁ〜というか。
こんな強い絆で結ばれてる友達は
自分にいるかなぁ…などと考えてみたり。

最後にニノ君が
「LIFE is HARD だけど HAPPY。
 LIFE is HARD だから HAPPY。
 その微妙な違いがちょうどいいんだな。」
みたいな事を言うんだけど、
まさに、その通りだな!と。
HARDだからこそ、
HAPPYが何倍、何十倍に感じられるんだろうな。
強い友情で結ばれている友人がいるっていいな。

個人的には、櫻井くんの、
特攻服姿がいいです!
團ちゃんの特攻服には負けるけどね(笑)

嵐、別に興味ないな〜って人も
結構楽しめると思う作品でした。
| MOVIE | 22:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

ヒサシくん、ハピバ

東京タワー」を見に行った。

…というか、半強制で行く事になった。

友人M「ねぇねぇ、“東京タワー”見に行こうよ!」
ゆきの「えー…岡田くんだけど、黒木瞳だから見たくない…。」
友人M「何時にする!?」

…おかしな会話ですが、岡田くんと松潤見たさに負けてしまいました(爆)

でも、イマイチでした。
あたし、黒木瞳さん、あんま好きくないから、
そういう先入観で観てしまったので、たぶん、余計に嫌な大人の女として映ってしまったのだろうけど…。
寺島しのぶが、松潤に出会って付き合い始める時に
「あたしこのまま死にたくないの。」
って言うんだけど、それは、なんとなく分かる様な、
でも、結婚したじゃないか!も反感を抱いたり…と
ちょっと複雑でした。
ま、黒木瞳の視点で見ても、本当はそうなんだけどね。

ただ、結局最後に黒木瞳と岡田くんがうまくいってしまうんですね。
その結末が、まぁ、江國香織らしいなぁと言えばそうなんだけど、そういう話って、そうはないよね。
現実的に考えるなって話なんでしょーけど(苦笑)
親の世代だったら、また違う感想なんだろうな、って感じです。

その後は、買い物。
友人Wが来週誕生日なので、プレゼントゲッツです。
定期入れを買うのに、ひたすらに迷う友人Aを隣に、
もうちょっとさっさと決めようよ!ちょっとダルいぜ!と思ったあたしは、
誕生日の人に対して失礼 de sky?
でもさー…ほんっとに悩み過ぎだよ。
ドラゴン物が多いからって、無理矢理ドラゴン柄を選ぶ必要はないし、
その子が好きなキャラの何をかわいいと思ってるかなんて、結局分からないのだから
選ぶしか道はないのに、あーでもない、こーでもないとひたすら言い続けて、
「難しいね、どうする?」
って!あんたも選べよ!(怒)
別に、使える物だけじゃなくちゃいけないわけじゃないだろーが!
と、もー散々イライラしてしまいましたとさ(凹)

で、突然ジム通いを始めるらしく、めっちゃデカい荷物で来て、
時間気にしまくって時計見てて、正直うんざりでした(爆)

あたしも買い物したかったんですけど…?

てか、あたしが見てた店に興味ないのは知ってるけど、
知らないうちに2軒先の店とかに行くな!

結局、別れてから、もう一回同じ店に行って、試着してキャミ買いました(苦笑)
去年買った型の、模様違い(新作?)なんだけど、地元のアジアン雑貨の店長さんに大好評なんです(笑)
店長さーん!今なら売ってるよ〜!!

あー本当に、アジアン雑貨屋ツアー行きたいっ!!



じゃなくて、ヒサシさん、ハッピーバースデー!
これからも笑顔の素敵なままでいてくださいね☆(短っ!)
| MOVIE | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

かんふーはっすぉ

2005年、初の映画は「カンフーハッスル」です。

少林サッカー」の監督の最新作品だとかで見に行きましたが…
イマイチよく分からず。。。

すいません。
寝ました!!
しかも
15分近くも!!

ほんとにすいません冷や汗

やーなんかね〜「少林サッカー」より、おもしろくなかったんだもの
汗
多少は笑えたけど、なんつーかねぇ…
「少林サッカー」は「ありえないサッカー」として面白かったけど
今回は、ひたすらにカンフーで闘ってるだけで微妙。

久しぶりに見た映画が、しかも今年初の映画がこれって、どーよ?(苦笑)
| MOVIE | 19:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

ヴァン・ヘルシング

ちょっと遅れてみてきました。
以下、公式サイトstoryより。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

19世紀、ヨーロッパ。夜の闇にモンスターの影がうごめいていた時代。
ローマ・バチカンの秘密組織から命を受け、そのモンスターを狩る男がいた。
男の名はヴァン・ヘルシング(ヒュー・ジャックマン)。
彼の行く先々には必ず死体が残された。
モンスターであることから開放された人間の死体が。
彼はそのために各地でお尋ね者となり、また一方で謎に包まれた境遇から聖者とも呼ばれた。
しかし、果たして彼が本当は何者であるのか、それは彼自身ですら知らない。
過去の記憶の一切を失った彼は、その答えを探して、戦いと冒険の日々を続けているのだった。

ある日、ヴァン・ヘルシングはバチカンの密命を受け、トランシルバニアへ旅立つ。
彼の使命は、邪悪な力で世界を手中に収めようとするドラキュラ伯爵(リチャード・ロクスバーグ)を倒すこと。
武器発明のエキスパートである修道僧カール(デヴィッド・ウェンハム)とともに
トランシルバニアに赴いたヴァン・ヘルシングは、血に飢えたドラキュラの花嫁たちに襲われ、
逃げまどう群衆に遭遇する。
その群衆の中に、ただ一人、毅然として闘う美しい女性がいた。
彼女の名はアナ(ケイト・ベッキンセール)。
代々、ドラキュラと闘い続けてきたヴァレリアス一族の王女だった。
そして彼女の兄ヴェルカン(ウィル・ケンプ)は、闘いのさなか、
ウルフマンに変えられドラキュラ伯爵の手に落ちていた。
突然現れたよそ者、ヴァン・ヘルシングを警戒し、反目するアナ。
しかし、共通の敵、不死身のドラキュラを倒すため、二人は行動を共にすることになる。

攻撃の手を休めないドラキュラの花嫁たちと激闘を繰り返すうちに、
アナまでもが捕らえられてしまう。
彼女を救うためにドラキュラが主催する舞踏会へと忍び込んだヴァン・ヘルシングは、
そこでフランケンシュタイン(シュラー・ヘンズリー)がドラキュラの手に落ちたことを知る。
人間が作り出したモンスターであるフランケンシュタインこそが、
ドラキュラの世界征服の鍵だったのだ!
彼はアナを助け出し、ドラキュラの野望を打ち砕くことができるのか?
次第に明らかになるヴァン・ヘルシングの過去、そして、壮大なる冒険の結末は・・・?!

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

アナとヴァン・ヘルシングの闘いっぷりはかっこよくて、見入ってしまうけど
ラストはありきたりというか、予想がつくと言うか…(苦笑)

てか、ケイト・ベッキンセール綺麗すぎ。
何、あの美しさ!!
しかも家族を奪われて天涯孤独に闘う女。
かっこよすぎ。
ヴァン・ヘルシングがバチカンに見せられたアナの写真がまじ綺麗で
「ほ〜っ。。。」
って言いそうになったゎ(笑)

すっごいすっごいオススメできるわけじゃないけど、
興味あったら見てみてもいいかも。

公式サイトはこちら
| MOVIE | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
Recommend
DESPERATE
DESPERATE (JUGEMレビュー »)
NOCTURNAL BLOODLUST
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM